長期視点で社会的に必要な企業タケエイへの投資

投資をする際に重要な点はいくつかあります。会社の将来性や今後利益が出せるのか。関連する業界の動向など様々です。また、今後社会にとって必要とされる事業を行っているのかは、長期投資を考える上では非常に大切なことです。

社会が発展していくにつれて、より取り組みを強化していかなくてはならない人類共通の課題が環境への取り組みです。利便性を追い求めるあまり環境への配慮をおろそかにしてしまうと後の世代に負担を残すことになりますし、なにより自分たちが生きている地球のために良くありません。環境あってこそ人間や生物が存在できていることは絶対に忘れていけないことです。

タケエイは人間が出してしまう廃棄物を資源に変える事業を行っています。リサイクル製品や再生エネルギーに生まれ変わることで、廃棄物を有効活用するのです。地域社会や自然環境との調和を保つ企業と言って良いでしょう。

こういった企業の取り組みは非常に大切なもので、投資家が注目すべきでもあります。短期的な利益を求めるだけが投資ではありません。もっと長い期間で考え、世の中のためになる企業にお金を投じることが本来の投資というものであったはずです。企業の持つ社会的責任をしっかりと果たしている企業に投資家がもっと注意を向けて、他の企業も取り組みを強化していくような流れができればよりよい社会に繋がっていくでしょう。

環境に対する取り組みは、本来は社会全体で取り組むべきものです。しかし、一時話題になってもすぐに次の話題が注目されて取り組みがなかなか続いていないというのが現状です。継続して取り組んでいる企業へ投資することで、間接的にも環境問題に取り組むことも大切ではないでしょうか。