ファーストライフとはどんな会社?投資による元本割れ

東京都練馬区には、ファーストライフという会社が存在します。この会社は建設業を営んでいますが、主に住宅のリフォームや、新築住宅のオプションに関わる工事を行なっています。
例えば、古い住宅だとキッチンが壁側に面している例が多いですが、これをカウンター型にかえる工事を、ファーストライフでは手がけています。洗面所や風呂場をリフォームして、広々と使いやすく変更することも得意としています。
網戸を取り替えたり、照明器具を変えて、外観や室内の雰囲気をがらりと変えてくれます。
建築を得意としていますが、不動産取引や店舗デザインの設計なども行なっています。名古屋と大阪に2つの支店が存在します。
魅力的なファーストライフで投資を行おうと、株式市場の情報を集めても、ファーストライフの銘柄は見つかりません。というのも、この会社は株式市場に登録していないからです。ファーストライフのような非上場の会社は、身内や役員、一部の取引先などといった、とても狭い範囲で株を保有しています。
このような株式会社は日本国内にとても多く存在し、株式市場に登録する会社はごく一部に過ぎません。しかし、市場には驚くほどたくさんの会社が登録されていますので、銘柄選びを楽しみながら、株式投資を行うことができます。
株式投資で気をつけたいのが、元本保証がないことです。金融機関の普通預金や定期預金などでは、元本保証があります。1000万円までは預けた金額を下回ることはありませんが、株式では購入した銘柄の株価が下落すると、元本割れを起こす仕組みになっています。リスクの高い投資方法ですが、預金に比べると大きく儲けを出せる魅力が詰まっており、多くの投資家が盛んに取引を行っています。